Amazonで返品ができない・・・・・

その他

これまで楽天経済圏で生活してきたので、通販といえば楽天市場をメインに使用してきました。ただ楽天市場の場合、店舗によって配送が異様に遅かったり、余分なものまで購入しないと送料無料に届かなくて余分な買い物をしてしまったりという問題が起こるので、特に小物類はアマゾンを利用することが増えてきました。

これまで、AmazonPrime配送商品は基本的に返品可能なので安心して利用できたのですが、立て続けに返品不可出品にあたったので考察していきます。

Amazonの返品ポリシー

返品・交換の条件 - Amazonカスタマーサービス
Amazon.co.jpおよびAmazonマーケットプレイスの大半の出品者は、原則として商品到着から30日以内の返品・交換を承ります。

Amazon.co.jpおよびAmazonマーケットプレイスの大半の出品者は、原則として商品到着から30日以内の返品・交換を承ります。

とありますが、例外が各種書かれています。目に付くのは、

  • ………は、お客様の都合による返品・交換を承りません。
  • 商品到着後30日を経過した返品・交換についての注意が追記されます。
  • 理由に関わらず交換を承らないケースに、携帯決済で注文された商品、在庫切れの商品、バーゲンブック、大型家具・家電 設置回収サービス(HB)の商品が追加されます。
  • お客様都合により返品・交換を承らないケースに、法令等に基づき返品・交換が出来ない商品が追加されます。

です。今回のケースは、たぶんどれにも該当しません。「理由に関わらず」という項目は「交換」ができないだけで「返品」は可能なはずですし、他の「お客様の都合による」返品・交換はできないと記載がある項目は商品に問題があった場合の返品窓口は開いているはずと読み取れます。

返品可能な商品

今回、返品しようと思ったのは手首のサポーターです。返品ができないと表示された商品の前に購入していたサポーターは返品手続きの画面に進むことができました。

卓球していて手首が痛くなったので購入してみたサポーターです。

コンパクトで良い感じだったのでしばらく使っていますが、素材(ネオプレン?)の問題なのか同じデザインのものを装着し続けている皮膚がかぶれて痛痒くなってくるため、別デザインのものを探して購入することにしました。

返品が表示されない商品

被れるのが辛いので、交互に使うために別の製品を購入してみました。新しく購入したものはきつくしても痛いだけで手首がサポートできなかったため、返品しようと思いましたが「返品のお手続きを承れません」とのことで返品画面に出てきません。

「返品ポリシーを確認」のボタンを押すと一番最初に見た、Amazonの返品ポリシーについての画面が表示されるだけで行き詰ります。

返品可能と不可能の違いは?

どちらの商品も、Amazon Prime配送の一般セラー(マーケットプレイス商品)です。どちらの出品者も返品ポリシーなどの記載情報はありませんでした。異なったは、返品可能なセラーは日本国内の住所があり、返品不可だったセラーは日本国内ではなく中国の住所しかないセラーという点です。大きな違いといえば大きな違いですが、Prime配送の場合、そこまで細かく見ないで注文してしまう場合が多かったので、これからは気を付けてみようと思います。

Amazonマーケットプレイス保証

通常の返品手続きができない場合などに使うはずのAmazonマーケットプレイス保証というのがあるはずなので見てみました。まず、出品者へ連絡して交渉しダメだったら利用できるというもののようです。

出品者への連絡

amazonのヘルプによると、問題があった場合に交渉を求めるボタンが表示されているはずなのですが出てきません。

Amazonの『注文に関する問題ボタンをクリック』がない!?購入商品の出品者への問い合わせは、どうすればいいの?
Amazonで『注文に関する問題ボタン』が見当たらず、問い合わせできずにいる方や購入商品の問い合わせをする方法を知りたい方にオススメの記事です!

どうも、ヘルプに記載されていない方法に変わっているようで、商品ページ欄のセラー情報のところにある「質問する」ボタンを利用して、「注文済みの商品」についての質問を送ることで代用するようです。

マーケットプレイス保証が使える場合

Amazonマーケットプレイス保証 - Amazonカスタマーサービス
Amazonマーケットプレイス保証は、出品者が販売および発送する商品をご購入の場合に適用されます。Amazonマーケットプレイス保証は、購入された商品のコンディションや配送を保証するものです。

条件を見てみると、非常に厳しいことがわかります。届かなかった場合は保証を受けられるので、Prime配送ではないマーケットプレイス商品を購入する場合には使えそうです。

他には、主に「返品の受付をされて返品もしたのに返金されない」場合が想定されているようです。最後に、

海外出品者に商品を返品する場合に、出品者が (1) 日本国内の返品住所を提供していないか、(2) 前払いの返送用ラベルを提供していないか、(3) 商品の返品なしでは全額の返金を提供していない。なお、上記3の条件をご確認のうえ、記載に従って返品手続きを行っている必要があります。

海外出品者の場合には返品しやすそうな書き出しですが、そもそも返品手続きが行われている必要があるので、同意されない場合は無理っぽいです。

何とか返金できた例

検索すると、何とか返金にこぎ着けた例が出てきます。

【解決】Amazonマーケットプレイスで中国から違う商品が届いた話
これまでAmazonのマーケットプレイス商品でも、特に何も気にせずに買ってきたのですが、この度、盛大にハズレを引き当ててしまいました…。その返品や返金などの対応でガッツリ揉めてしまいましたのでその体験談です。実は、前々からリップストップ生地

出品者から48時間以内に返信が無い場合にAmazonマーケットプレイス保証が申請できます。
つまり、48時間以内に出品者は何かしらのメッセージを返答すれば、Amazonマーケットプレイス保証の対象にならないのです。
また、Amazonもマーケットプレイスという場所と決済方法を提供しているだけなので、積極的に関与してくれません。

出品者に住所を知られているので強く交渉すると報復される可能性があることや、そもそも強く交渉できない日本人は泣き寝入りしがちになるうまいこと出来たシステムだなと思います。

Amazonマーケットプレイス保証のリスクは承知していたつもりでしたが、慣れというのは怖いもので1つ注文して問題なく届き、次も・・・という状況で、まさに茹でガエルのような状況になってしまっていました。

面倒なので、金額によりますが泣き寝入り確定です・・・。

返品不能なセラーをよく見てみる

返品不可のセラーを見ても、評価の平均値はかなり高いです。でも、よく見てみると、

良くないレビューが結構ついているはずが取り消し線で消されています。Amazonからのメッセージというのがとても微妙で、「この商品は『フルフィルメント by Amazon』で、当社が出荷に対して責任を負います。」という記載で終了させられています。

「フルフィルメント by Amazon」は、こんなことまで庇ってくれるの?
たまりかねて書き込みさせていただきました。 最近悪質な転売屋が、評価削除システムを悪用して、 自分の責任を「フルフィルメント by Amazon」に押し付けているケースが、多々見受けられます。 例: 評価者:うららさん曰く、 「同じ商品がタカシマヤ楽天市場で2,160円で出ていた。送料324円加えてもタカシマ...

レビューに対してクレームをつけると削除できるシステムのようなので、毎回買い物の際にここまで見るかというと・・・やっぱり微妙ですね。AmazonのPrime配送自体、「同じ商品であれば誰が納入したものでも同じように扱われる」という性質が微妙で、併売しているセラーが悪質だと信頼できるセラーの商品を買ったつもりで悪質セラーの納品した商品が配送されてしまう場合があるため、信頼できそうなセラーだけが出品している商品以外は買わない、もしくはあきらめるという対策しかないと思います。

楽天市場は楽天市場で問題はありますが、楽天市場か、アスクル、ヨドバシカメラ等の独立サイトで購入するのが安心ですね。最短当日配送という強みはやはり大きいので、待てる商品はAliexpressなりタオバオなりの本場中華サイトで購入していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました