WindowsにAndroid端末固有のUSB接続ドライバを設定する方法

Android SDKをインストールし、Platform-toolsとGoogle USB DriverをAndroid SDKにインストールしたらもう少しです。

次に、Windowsにドライバをインストールする必要があります。先の作業は、Android SDKへのインストールであって、Windowsにはまだインストールされていません。

Sponsored link

Google USB Driver

Google USB Driverは、ADB Driver (Universal)などとも呼ばれているものとたぶん同じです。

Android端末を起動した状態で普通にUSB接続すると、Android端末はストレージデバイスとして認識されます。

その状態では端末内部のアクセスはできません。

Google USB Driverを設定することで、リカバリーをしたりRoot権限を取得したり、カスタムリカバリーを入れたりと言った作業が可能になります。

Android SDKをインストールしたフォルダを開き、

  1. android-sdk-windows
  2. extras
  3. google
  4. usb_driver

の順で辿るとGoogle USB Driverがあります。これをインストールすれば良いわけです。

でも、Googleからダウンロードしたままの状態では、GoogleのNexus端末だけしか扱えません。

SonyのエクスペリアやSamsungのギャラクシーのような、ユーザーが多いAndroid端末を使用している場合は、予め設定されたドライバーがダウンロードできるかもしれません。(ただし、公式か、信用できるところからダウンロードすることをお勧めします)

そうではない場合も、Google USB Driverの設定ファイルを少しいじれば、別の端末にも対応できるようになります。

ADB/FastbootモードでAndroid端末を起動

インストールはADB用とFastboot用で2つあります。

端末が通常通り起動できていたり、異常ではあってもAndroidシステムは起動している場合はUSBデバッグモードで、Androidシステムが起動できない場合などはFastbootモードでインストール作業を行います。

どちらか片方やっておけば、大抵は目的を達成できます。

USBデバッグモード

(他は忘れてしまったので)Lollipop 5.1.1の場合を書きますが、他のバージョンでも基本は同じです。

  1. Androidの設定から
  2. 端末情報(About phone)を開きます
  3. 下のほうにあるビルド番号(Build number)の項目を7回続けてタップします(3回タップすると「開発者用オプションが有効になるまであと4ステップです」と出てきてカウントダウンされます)
  4. 開発者向けオプションが有効になると、Androidの設定中、端末情報の上に開発者向けオプションの項目が現れます。
  5. 開発者向けオプションの中にAndroidデバッグ(以前はUSBデバッグだったと思います)の項目があるので有効化します。

Fastbootモード

Android端末をFastbootモードで起動します。Fastbootモードの起動方法は端末によって違います。

起動できたら、USBケーブルでパソコンのUSBポートに接続します。端末によっては、Fastbootモードで起動できていることを画面に表示してくれますが、何も表示されない端末もあります。

その場合は、Windowsのデバイスマネージャーを開いたままFastbootモードで起動をすることで、Fastbootモードの確認ができます。(エラーつきの項目が出てきます)

ADB/Fastbootドライバの設定

デバイスマネージャーで認識される

Androidデバッグ(USBデバッグ)もしくはFastbootモードで起動したAndroid端末をUSB接続すると、ドライバーのインストール中というポップアップが出ることもあります。

通常のWindowsには含まれないドライバなので、失敗してしまいますが、問題ありません。

Windowsのデバイスマネージャーを開く(いつもマイコンピューターで右クリックしてプロパティーを開き、出てきた画面から起動しています)と、エラーが出ている項目ができています。

ADBインターフェースのエラー

ADB Interfaceエラー

Fastbootモードの場合は別の名前で出てきます。

このようなエラー項目が出ていない場合、Androidデバッグ(USBデバッグ)やFastbootモードで接続できていないか、既に必要なドライバがインストールされています。インストールされている場合、デバイスマネージャー上に「Android」が表示されます。

このエラー項目を右クリックするかメニューを使って、ADB Interfaceエラー(Fastbootの場合、Fastbootの端末)のプロパティを開きます。

Hardware Ids

タブが3つあり、General、Driver、Detailsです。(Windowsのバージョンで表示が違いますが、必要なのは一番右側のタブです)

Detailsタブを開き、中に現れたリストからHardware Idsを開きます。(2つ目のことが多いはずです。)

開いた中にある、2行が必要な情報です。

例に出している画像はUSBデバッグで接続したOnePlus Oneで、

  • USB\VID_05C6&PID_6765&REV_0232&MI_01
  • USB\VID_05C6&PID_6765&MI_01

になります。端末によっては、もっと多く出ている場合もありますので、その場合は全て必要です。(必要ないかもしれません。)
カスタムファームウェアを入れている場合には、ここのIDが変わることがあります。最近のOnePlus Oneだと

  • USB\VID_05C6&PID_6764&REV_0232
  • USB\VID_05C6&PID_6764

になっています。PIDは重要でないのかもしれません。

ドライバ設定ファイルに追記

Google USB Driverをインストールしたフォルダを開きます。

Android SDKのSDK Managerを使用した場合は、

  • <SDKのフォルダ>\android-sdk-windows\extras\google\usb_driver

です。このusb_driverフォルダ内にドライバのインストール設定ファイルがあります。android_winusb.infです。(昔のAndroid SDKでは別の名前だったかも知れません)

ノートパッドなどのテキストエディタを使って、android_winusb.infを開くと、設定情報が並んでいます。

;Google Nexus One

%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_0D02
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_0D02&MI_01
%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4E11
%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_4E12&MI_01

などの項目が並んでいる場所が設定箇所です。32ビットWindows用と64ビットWindows用が別々に羅列されているので、両方とも編集します。(もちろん、必要な方だけでもかまいません)

;Google Nexus One

などの項目はただのコメントなので、書かなくても良いですが、後々他の端末を接続するときにどの項目だかわからなくなるので、端末名を書き込みます。

Nexus端末の書式を参考に、先ほどデバイスマネージャーで見た記述を書き込んでいきます。

私の端末、OnePlus Oneの場合には、

;OnePlus One

%SingleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_D00D&REV_0100

%SimpleAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_18D1&PID_D00D

%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_05C6&PID_6765&REV_0232&MI_01

%CompositeAdbInterface% = USB_Install, USB\VID_05C6&PID_6765&MI_01

になります。%で囲まれた%SimpleAdbInterface%は今まで適当に入れてきましたが、問題が起こったことはありません。一応、MI_01があるほうを%CompositeAdbInterface%にしています。

USBドライバのインストール

設定ファイルが更新できたら、デバイスマネージャーもしくは設定ファイルのコンテキストメニュー(右クリック)からインストールします。

インストールが成功すると、デバイスマネージャーのエラーが消えます。

Sponsored link
Spinsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする