Bluetoothトラッカー「Tile」

デジモノ

私は、「財布、鍵どこだっけ!?」となることがとても多いので、以前からBluetoothトラッカーは注視してきましたし、いくつもの製品を購入しては捨ててきました。

何回か繰り返して、使えるものはこれまでなかったのであきらめていましたが、昨年購入した「Tile」はモノとして完成した感じがあり、とうとう人に勧められるトラッカーに出会えたと思います。

Tile

結構大々的に売られ始めたBluetoothトラッカーで、コンビニでも廉価版が売られているときもあったようです。

機能は、一般的なBluetoothトラッカーで特別な点はありません。

  • 最後に見つかった場所を記録
  • トラッカーをダブルクリックすると携帯が鳴らせる
    • マナーモードでも音量を出せる
  • 携帯からトラッカーを鳴らせる
  • コミュニティ機能でマークしたTileが他の人の圏内に入ると通知

凄い点

日本国内での展開はあまり早くなかったと思いますが、現在はかなり進んでいます。

JapanTaxi

最近、急激に増えてきたタクシー専用車種JapanTaxi(四角いボックスタイプの車両)に搭載されているタブレットは、Tileと連携していて無くしたTileを探してくれます。

東急線の駅

東急線の全88駅にTileのアクセスポイントができていて、遺失物で届けられると通知してくれます。

売れている!はず

大手キャリアが扱っていますし、Appleストアでも販売されていますので、持っていてアプリを入れている人はかなり増えているはずです。「コミュニティで探す」機能はユーザー数がすべてなので、これはかなり大きいことです。

以前使っていたトラッカーは、一番売れていた時期でも50キロ圏内に20人とかそんな感じだったので・・・。圏内に何人いるかアプリのマップ上で見えますが、2020年1月に購入した時点では私の周りには1800人でしたが、11月末現在では2100人に増えています。実際に見つかるかは不明ですが、心強いですね。

注意する点

電池残量の通知がありませんし、アプリ上から電池残量の確認もできません。Amazonのページだと、「切れる前にもうすぐ電池切れ」とメッセージが出るとQ&Aに書かれていますが、私は記憶にありません。ひょっとしたらあったのかもしれませんが、気づきませんでした。

忘れ物、探し物をしていなければアプリの起動をしないし、存在を意識しないアイテムですので、探そうとしたときには電池が切れていてもう見つからない!という状況が起こります。

FAQ | Tile
あれ?どこ行った?を解決する「探しものトラッカーTile(タイル)」の日本公式サイトです。Tileは、世界230以上の国や地域で利用されているスマートトラッカーです。

公式サイトのおすすめとしては1年に一回電池交換してね!ということのようです。交換する電池は信頼できるメーカーの新しいものにしておかないと1年持たないことが起こります(体験済み)

Tileのモデル

現在販売されているのはMate、Mate(2020)、Pro(2020)、Slim(2020)、Sticker(2020)の5種類です。コンビニ版は普通に売られているMateの電池交換ができなかった頃のもののようです。

Mate

通信距離45m。電池交換可能。

Mate(2020)

通信距離60m。電池交換可能。

Pro(2020)

通信距離120m。電池交換可能。

持っていますが、鉄筋コンクリートの屋内では、15m程度でも通信できるときとできないときがありますので、都市部では過信は禁物です。

Slim(2020)

通信距離60m。電池交換不可。電池寿命公称3年。

カードタイプです。以前の電池交換不可タイプのTileは比較的簡単に電池交換ができましたが、Slim(2020)は私には無理そうです。

分解している動画です。このレベルのことがもっと器用にできれば、あるいは交換できるかもですが、交換しようと思わないほうが良いと思います。

Sticker(2020)

通信距離45m。電池交換不可。電池寿命公称3年。

貼り付けタイプです。ウェブサイトの画像のようにカメラにつけたり、リモコンにつけたりということを想定して作られているようです。もう少し薄ければ欲しいですが、もうちょっと待ちですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました