犬のフン処理袋はBOSが最高!

犬に限らずペットを飼う場合にはフンの処理が厄介です。犬の場合は、室内飼いだとしても散歩に連れていきます。屋内の決めた場所でだけ用を足してくれるお利口なワンコもいるとは思いますが、たいていの犬は家の外でおしっこ・フンをします。我が家のワンコは家の中ではめったにおしっこをしてくれませんし、フンに至っては下痢で出てしまった!というとき以外は基本的に屋内ではしません。

家の外で犬のフンをした場合、放置して去るのは迷惑ですので論外です。フン処理の道具をいろいろ試しましたが、我が家の場合は「BOSの消臭袋」が最適という結論に至っています。

犬のフンの厄介なニオイ

犬のフンが何が厄介かというと、ものすごく臭いんです。たまに落ちている犬のフンを見かける場合もあるかと思いますが、時間がたって乾燥したフンはそれほど臭くありません。ホカホカだと、本当にヤバいです。

ポリ袋

普通のポリ袋に入れることもできますが、家に帰り着くころには持っている手から猛烈なにおいがすることになります。自分から出ている臭いはわかりづらいので、本人は気づかないかもしれませんが・・・。

手軽という意味ではとても良いです。100均でも普通のポリ袋は結構しますが、専用のロールタイプが良いと思います。

https://amzn.to/36HPWnK

一枚2円強というコストパフォーマンスは最高ですね。

紙と二重になっている処理袋

100均にも時々売っていますが、「ポイ太くん」という商品をよく見かけます。私も、「ポイ太くん」をしばらく使っていました。トイレに流せる紙が外側、ビニール袋が内側になった二重袋の状態で持ち歩き、フンの処理をする場合にはビニール袋側に手を入れてフンを拾って裏返してフンに触らずに処理できます。

袋を開けて水洗トイレに流せる、というのがこのタイプの袋の利点です。私が使わなくなってしまった理由は、

  1. 結構臭い
  2. 水洗トイレに捨てられない
  3. 紙がちぎれやすい
  4. 保存の際にかさばる

の4点です。

まず、紙で覆えるとはいえ、本体のビニール袋は薄いので、においが結構漏れてきます。

次に、商品自体は水洗トイレに流せるのとフンももちろんトイレに流せます。フン以外のものが入っていないのであれば大丈夫なのですが、綺麗なタイルの上とか、屋内でしてしまった場合を除くと、小さい石ころや砂、木の枝や草などが結構ついてしまいます。食べてさせているエサの成分にもよりますが、我が家のワンコは指で押すとへこむくらいの硬さのフンをするので、石などを除くことができません。水洗トイレに石ころや枝などを流すとトイレの配管にダメージがあると言われているので、せっかくトイレに流せる袋で処理しても使えないのです。

さらに、すぐに処理すればともかく、すこし時間がたってからトイレに流した場合、処理袋自体がかなり臭うようになってしまうので、その後ゴミ箱に捨てるとゴミ箱にまでフンのにおいがついてしまいます。

もう一つの問題は、トイレに流せる紙を使っている関係上、水濡れをすると破れやすくなりますし、ポケットに入れている間に気づくと紙がちぎれている、ということも結構起こります。

最後に、売られているパッケージを見ていただくとわかると思いますが、300枚で24 x 7.4 x 37.2 cmの大きさの箱に入って売られています。

https://amzn.to/3f9Yx6z

ロール袋と比べると圧倒的に収納スペースが必要です。コストコで売っている場合はもっと安かったと思いますが、一枚7~8円です。

消臭袋・防臭袋

一見するとただのビニール袋なのですが、中の臭いを漏らさないという触れ込みの商品も多く発売されています。ペットショップで売られているものから、楽天・Amazonのものまで、5~6種類は試したと思いますが、「BOS」のもの以外は結構臭いがします。

ポリ袋とほとんど変わらないものから、数時間~一晩なら臭いを防いでくれる袋までありました。「BOS」だけはほとんど臭いが漏れないと言っていいと思います。鼻を近づけてクンクンすると感じる場合はありますが、ほぼ無臭です。

https://amzn.to/3lJVWCN

楽天だともう少し安い場合もありますが、小さいサイズで一枚5~7円です。二重袋よりも安いのもいいです。

「BOS」の商品

メーカーのホームページを見ていただくと書いてありますが、BOSの消臭袋は全商品機能的には同じものです。違いは、パッケージのデザイン、袋の色、袋のサイズだけです。

犬のフンなら、よほどの大型犬でなければ「SS」サイズで十分だと思います。箱を持って歩く場合、明らかに「うんち」と書いてある箱はちょっと嫌なので、ちょっとそれらしくないデザインの箱の商品を買っています。

https://amzn.to/2UGfpbG

効果がどれほどあるのかわかりませんが、

  1. 袋を結ぶ際に袋を捻じってから結ぶ
  2. 2つ結び目を作る

ようにして少しでも臭いが漏れないようにしています。たまに処理の際に袋の口近くにフンがついてしまう場合がありますが、その場合はあきらめて2枚使うか、口ギリギリを結ぶようにしています。ギリギリで結んだ場合には残念ながら臭いが漏れやすくなっている気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする