AmazonのモバイルディスプレイCocopar 15.6インチ

だいぶ前ですが、Amazon.co.jpでモバイルディスプレイを購入して使っています。レビューの平均値は高いものの、人には薦めにくい商品でした。

Amazonでのレビューも結構割れているので記事にしておきます。特にAmazonはサクラレビューが多く、レビューが信頼しにくいのが問題ですね。

購入したCocopar 15.6インチモニター

私が購入した製品は、すでに新製品が出ていて在庫なしとなっていますが、

https://amzn.to/388HGj9

タッチパネル搭載していました。後継製品は、

https://amzn.to/32eqG7l

(タッチパネル非対応?)

https://amzn.to/37Zzwt5

(4K+タッチパネル搭載)

接続性がダメ

接続が、USB Type-C、mini HDMI2つです。補助電源用にUSB Type-Cがついています。mini HDMIは問題なく動きましたが、USB Type-Cが良くありません。

USB Type-Cで接続可能なのですが、付属のケーブルではないUSBケーブルで相性問題が出て、接続不能なケーブルが何個もありました。Thunderbolt3対応ケーブルでも、ものによっては接続できなかったので、単に相性かもしれません。相性に問題がないケーブルを使用した場合には、iPad Proにも、OnePlus 7 Proにも接続できてタッチ操作も可能でした。

また、USB Type-Cから給電するのですが、USBケーブル、電源にかなり相性があります。ディスプレイ出力対応のケーブルでも相性がありましたが、私の場合は、使っているパソコンのUSBポートからなら給電できましたが、特定のケーブルでしか動きませんでした。高いケーブルというわけではなく、いつも同じ安物のUSB-Cケーブル(中華マーケットで、Oneplus 7 Proの高速充電対応という触れ込みで買ったけれど非対応でだまされたもの)でだけ給電できました。普段使用しているパソコンとの接続時は、補助電源ポートにさしてからメイン電源ポートにUSBをさせばほぼ必ず動きましたが、逆は動きませんでした。動作開始後は片方抜いても大丈夫でした。

また、USB電源はいろいろな電源アダプタをつかいましたが、動いたのは1A給電までしかない何かの付属品の電源アダプタと、マルチタップについているUSBポートだけで、ほとんどの電源アダプタは動作しませんでした。動作しないとき(おそらく給電が足りないとき)は、電源ランプが赤青交互に点灯したまま動きません。数秒待っていると動作する場合もあるので、少し待ってみてダメならば相性問題と思います。

上手くいった電源タップ

自分のために書いておくと、FargoのTAPKING USB、雷サージガード付き6個口のUSB出力3.4Aまでの電源タップ(PT601BEWD)です。

さらに、電源スイッチ側のポートなら大丈夫ですが、コンセント差込口側のポートでは作動しませんでした。二つのUSBポートの違いは、不明です。

タッチパネルは搭載はされている

タッチパネルが動かない!というレビューが多くありますが、タッチパネルはUSB-Cからディスプレイ出力まで行ったときだけ動作しています。HDMIからの入力を行って、USBケーブルを接続しても動いたことはありません。

Windows 10で、特にドライバーを新規インストールすることなくプラグアンドプレイで動きました。

表示自体は悪くない

モニターとしての利用自体は、動いている状態では及第点と思います。別に悪くありません。音質がちょっと悪いですが、仕方ないかなというレベルです。

人には薦められない

結論からして、自分でわかって使う分には問題なく動作させられますし、軽くて薄いので便利です。ただ、他の人に使ってもらうことを考えると、接続関係でトラブルが起きること必至と思いますので、おすすめはできません。常用しているわけではないので、耐久性はわかりません。

最初に掲載した新機種のレビューを見ても、赤青のランプが点灯して動かないという記載がありますので、まだ改善はしていないのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする