JoomlaでWordPressのショートコードに相当するもの、{syntax}

Joomlaには、WordPressでのショートコード機能はありません。

WordPressに標準搭載されたショートコードと同じ機能を実現するプラグインは配布されていますが、自分で手軽にショートコードを作ることはできません。

Sponsored link

ショートコード風の機能

ショートコードと同じ機能はありませんが、似たようなことをできるようにする機能はついています。

あと一息

JoomlaのSyntax

ショートコードのように名前が決められているわけではないと思いますが、公式ドキュメント上でSyntax(日本語に無理やり変換すると、構文・文法)と書かれています。

ショートコード(Shortcode)と違って、Syntaxだとプログラムで普通に使われる用語ですから、インターネット上で検索するとなかなか辿り着きません。(Short codeは普通の語です)

Syntaxの書式

ほとんどのプラグインでは、

{syntax}中身{/syntax}
{syntax 中身}

のどちらかの書式を使っています。

それぞれ、WordPressでは

[syntax]]中身[/syntax]
[syntax 中身]

に該当します。

Syntaxの実装

使う側にはそれほど関係ないことですが、Syntaxは内部で処理されるプラグインによって実現されています。

プラグイン側で、プラグインによって異なる決められた書式を書き換えています。

たとえばYoutubeのプラグインであれば、

{youtube}NCgBrU3sR0c{/youtube}

を記事内容の中からpreg_matchやstrposで見つけ出して、貼り付け用のコードに置換しています。

上のYoutubeのプラグインなら、

<iframe width="100%" src="https://www.youtube.com/embed/NCgBrU3sR0c" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

このようなコードに変換されて、

https://youtu.be/NCgBrU3sR0c

のようになります。

プラグイン機能

Joomlaのプラグインは、記事が作られたときやセーブされたとき、ウェブサイトが表示される前や表示後、などに決められた関数が呼ばれるようになっています。

  • onContentPrepare
  • onContentBeforeSave

などです。

手軽に実装はできない

プラグインとして個別に設定されているので、WordPressのように少しテンプレートに書き込めば使える機能ではありません。また、[[ショートコード]]と二つ記号を重ねることで無効化するような仕組みを作っているプラグインはないと思います。

WordPressのようにWordPressの説明ページをWordPressで作るようなことはあまり想定されていないのかもしれません。

Sponsored link
Spinsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする