前の記事で、ピング送信用のプラグイン「BlogPing Pro」を導入しましたが、それだけではピング送信を受け付けてもらえません。ピング送信すると、設定してあるトップページをピングサーバーが読みにきます。トップページに、XMLフィードが書かれている必要があります。

忘れていて、しばらくブログ村に何も表示されませんでした・・・・。テンプレートを編集する方法もあると思いますが、いろいろと後でも面倒なのでプラグインで一気に設定することにします。

EasyScript

Blackdale.comが開発しているプラグイン「EasyScript」をずっと使っています。これも、「Ninja RSS Syndicator」コンポーネントと同じく最近Joomla拡張機能ライブラリ(JED)から排除されてしまったプラグインの一つです。Joomla最新版にも対応しています。

JEDにほとんど同名のモジュール「Easy Script」がありますが、似て非なるものです。

フィードの設定

トップページでフィードを指定する書式は、

<link rel=alternate type=application/rss+xml title=RSS href="https://tek2tech.com/joomla/feed"/>

です。(トップページだけで良いのかもしれませんが、念のため全ページに入れています。)

これを設定するためには、プラグインの画面から、「Others」を選びテキストエリア内に追記し、プラグインを有効にします。

他の同様のエクステンションと違って、プラグインしかないエクステンションですので、「EasyScriptを使っている」ことを忘れてしまうと書き換えたくなった時に途方に暮れることになります。(なりました・・・)

機能の限界

</head>の前に追記するだけの単純なプラグインです。例によって有料バージョン(10米ドル)が設定されていて、有料バージョンではページごとに違う設定を適応できます。