Joomla!サイトの設定を最低限終えるまでの経過です。

検索エンジンフレンドリーな(SEF:Search Engine Friendly)URLを設定したり、セキュリティ設定・バックアップの設定などなど

robots.txtの設定。ルートディレクトリに置くか、メタタグで

FTPなどでhtaccessとrobots.txtにリネームした時に気づかなかったところを修正しました。

htaccessはサブディレクトリの設定が先に適応されますが、robots.txtはサブディレクトリにおいても効果がありません。Joomlaの設定について書いていきます。

続きを読む: robots.txtの設定。ルートディレクトリに置くか、メタタグで

「OSMap」エクステンション—サイトマップ作成

主にGoogleやBingといった検索エンジンのクローラーに見てもらうためのサイト上のページ一覧表がサイトマップです。

検索エンジンに対しては構造化ファイルのXMLで、見に来てくれた人に対してはHTMLで提供することが多いです。2015年半ばまで、無料の中では拡張機能「Xmap」が一番人気だったと思いますが、公開停止してしまいました。

Xmapの後継的なプラグインが「OSMap」です。

続きを読む: 「OSMap」エクステンション—サイトマップ作成

「JCE」エクステンション、Joomlaの定番エディター

標準のエディタ、TinyMCEでは力不足ですので、定番エディタの「JCE」をインストールします。説明には出てきませんが、URLなどからJoomla Content EditorでJCEのようです。サイト上には「a Content Editor for Jooma!」と説明されています。

続きを読む: 「JCE」エクステンション、Joomlaの定番エディター

「Aimy Canonical」プラグイン

親サイトで書いているように、rel=canonicalの設定は検索エンジン対策(SEO)に欠かせません。そして、Joomlaはカノニカル設定に大変痛い弱点を抱えています。

ずっと探しているのですが、未だ完璧に解決してくれるエクステンションには出会えていません。今のところ一番良い修正をしてくれるプラグインが「Aimy Canonical」です。

続きを読む: 「Aimy Canonical」プラグイン

「Akeeba Backup」エクステンション

CMSは単純なHTMLと比べると非常に複雑な構造ですので、ちょっとしたことでサイトが動かなくなることがあります。

WordPressと比べると、(より慣れているせいか)Joomlaのほうが問題を見つけやすいのですが、バックアップがあればより早く、確実に復帰させることができます。Joomlaのバックアップツールの定番が「Akeeba Backup」です。無料ですが、同じAkeebaの「Akeeba Admin Tools」と同じく有料バージョンがあり、無料バージョンの機能は制限されています。

続きを読む: 「Akeeba Backup」エクステンション

—Sponsored link—