親サイトで書いているように、rel=canonicalの設定は検索エンジン対策(SEO)に欠かせません。そして、Joomlaはカノニカル設定に大変痛い弱点を抱えています。

ずっと探しているのですが、未だ完璧に解決してくれるエクステンションには出会えていません。今のところ一番良い修正をしてくれるプラグインが「Aimy Canonical」です。

Aimy Canonical

Joomlaのプラグインは高品質なものが基本的には多いのですが、カノニカル設定のプラグインに関してだけは、システムキャッシュなどを使うと動かなくなったり、なぜかリダイレクトループを繰り返して接続できなくなったり、玉石混交です。唯一見つけた「玉」と言えるプラグインがAimy Canonicalでした。

このプラグインを初めて使ったのは初期バージョンでかなり荒削りでしたが、最近はアップデートを繰り返した結果、かなり使いやすく高機能になってきました。

HTTP/HTTPS共通カノニカル

HTTPとHTTPS両対応の場合に、カノニカルURLをどちらか一方に統一するための設定です。

クエリを削除

URLの後にクエリがついた場合に削除する設定です。例えば、

といったページに対して、

を割りつける設定ができます。

まだまだ不完全

なんとなく良さそうなのですが、(記事を意図しないURLで表示させられたとき)まだおかしなカノニカルURLを吐き出します。そのため、私はAimy Canonicalをベースにプラグインを書きなおして使っているのですが、「Aimy Canonical Pro」という約9ユーロのプラグインが出ていて、そちらでは対応されている模様です。

機会があったら、買おうかとも思いますが今のところ自分で書いたもので良いので、買わないかも知れません。

—Sponsored link—