海外スマートフォンの注意点(海外仕様、並行輸入品も)

巷ではSIMロックフリーのスマートフォンが流行の兆しとか。たぶん、ごく一部の人の間だけだと思いますが、いくつか注意しておくことがあります。

いわゆる「白ロム」とは違うカテゴリーの単語ですが、私も混同していました。

Sponsored link

「白ロム」

白ロムというのは、携帯キャリアで使える中古の携帯端末を指すようです。もともと登録されていた携帯キャリア(携帯電話会社:ドコモ、ソフトバンク、AU、Y!モバイルなど)でしか使えない状態(=SIMロック)が解除されていなくても、「白ロム」は「白ロム」です。

かつて(今でも)携帯キャリアの割賦割引制度で購入され、「白ロム」として売りに出された後に最初の契約者が割賦を放棄して未払いになった場合には、携帯キャリア側で携帯端末の識別番号を読み取って通信不可にすることがあります。この状態は「赤ロム」と言われます。

中古販売では時々「赤ロム」をつかんでしまうこともあり得ます。

SIMロックフリー

SIMロックが解除されて、他のキャリアや格安SIMカード(MVNO)、海外での使用もできるようになっている携帯端末は「SIMロックフリー」もしくは略して「SIMフリー」と呼ばれます。

日本で普通に販売されている携帯電話の中には、SIMロックフリーはほとんどありません。弱小だったイーモバイルが一時期販売していたのと、弱小のMVNOが今でも販売しています。ほとんどと書いたのは、アップルがアップルストアで直販しているiPhoneとGoogleが直販しているNexusシリーズはSIMロックフリーのはずです。マイナーな端末ではないですが、数としてはキャリアから買うもののほうが圧倒的に多いのではないかと思います。

SIMフリーは何が良いのか?

SIMロックフリー携帯を追い求める一番大きな理由は、「自由っていいな!」ということだったりします。

どんな自由があるかというと、同じ携帯端末で

  • ドコモとソフトバンクを使う、乗り換える
  • 格安SIMを使う
  • しばらく海外に滞在するときに、海外SIMを契約する

ことができるようになります。japan-and-international

今では、総務省のガイドラインによってSIMロックを解除するサービスがキャリアに義務付けられています。無料ではありませんが、海外に持ち出すときには便利です。

SIMロックフリーの注意点

使えるとは限らない

iPhoneを除く多くの端末は特定の国、特定のキャリア向けに設定されています。キャリアによって、使用している電波の周波数帯が違い、国によって携帯電話に割り当てている周波数の広さ、分け方が違うため、SIMロックフリー端末と言えど、どこのSIMカードでも使えるというわけではありません。

また、日本ではAU、アメリカではSPRINTとVERIZONは3GサービスではSIMカードを使わない通信方式を採用していたので、AUのスマホをドコモで使うことはできません。

見た目は同じ端末でも、通信チップが違うことや、ファームウェアの設定で一部の周波数帯だけを有効にしていることもあります。日本でも日本通信B-Mobileやイーモバイルが販売していたHUAWEIのIDEOSは、ファームウェアの書き換えをしないと使えないキャリアがありました。日本通信版を持っていましたが、イーモバイル版では通信できないキャリアがあったように記憶しています。

使えても挙動が同じではない

ひとつ前の「使えない」と本質的には同じ問題で、挙動がおかしくなる場合があります。

OnePlus Oneの例

今愛用しているOnePlus Oneは、日本のDoCoMo系列、アメリカのT-Mobile、AT&Tで試してみましたがいずれも3G、LTEの電波を掴むことができます。が、挙動が少しおかしいです。

日本では、たぶんプラスエリアでも電波を拾っていると思いますが、電池の持ちが半日くらいアメリカのキャリアよりも短い気がします。日本は鉄筋コンクリートの建物が多いせいかもしれませんが。

アメリカのキャリアではT-Mobileの電波を拾えるSIMフリー端末は貴重な存在なのですが、持っていく街によって挙動が大きく違います。ある場所ではLTEも3Gもつかんで快適に使えますが、別の場所では圏外になってしまうことがあります。(もともと圏外ということはなく、少なくとも他のT-Mobile専用端末を使うと4Gの電波を拾う場所です)

これは、T-Mobileの電波に対応しているものの、すべてに対応しているわけではなく一部だけの対応になっているせいです。

後継機種のOnePlus 2、OnePlus X、OnePlus 3では残念ながら北アメリカ仕様が専用で用意されるので、専用端末以外では電波の拾いが悪くなると思われます。OnePlus Oneと同じ仕様だったら飛びついたのですが・・・

技適マーク

もう一つよく取り沙汰されるのが技適マークです。技術基準適合証明書等マーク、らしいのですが、これは電波を発する機器が日本の法律に適合しているという証明書です。

問題になるのは、実際に適合していることではなく、認定を受けた販売者が個々の端末にマークを付ける、もしくは端末上に表示できるようにしてある、ことで適法になるようです。実際の端末が適合していればよいというわけではないので、IDEOSで起こったイーモバイルと日本通信の問題のようなことが起こります。日本で売られているHTCやサムスンの端末でも、同じものだったとしても海外で購入してマークがなければダメになるようです。

ただ、旅行者などが持ち込んだものは問題ないようですし、実効性はないと思われます。

互換性チェックはウェブ頼り

ということで、使うかもしれないキャリアに対応しているかどうか、端末ごとに違うので調べなくてはいけません。

GSMArenaが一番わかりやすくてお勧めですが、書かれている情報が間違っている場合もあり、購入する端末が仕様違いの可能性も否定できません。

帯域とバンド番号が書かれている場合も、完全一致しなくても動いたりはしますが、場合によります。

新しい端末やメジャーではないものを使おうとするなら、下調べ、万一動かなくてもあきらめられるのが大切です。

Sponsored link
Spinsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする