OnePlus Oneの液晶画面・デジタイザーを交換

2年以上使っているOnePlus Oneがシステムエラーで動かなくなったり画面が割れてボタンが効かなくなったりと調子が最近悪いので、最近新機種に食指を伸ばしてきました。

が、2台続けて失敗してしまったので、やはり事前リサーチは大事だなと思いながらOnePlus Oneの修復を行いました。OnePlus Oneはだいぶ古くなってきましたが、良い機種です。

(失敗→重すぎてすぐ割れたUMI Super大失敗したLeEco Pro 3 X727

交換ツール付きの商品をeBayで2800円くらいで購入して1か月で到着し、交換にかかった時間は作業時間40分程度、YouTubeを探して見る時間も含めて70分くらいでした。どちらかというと不器用なほうなので、大体この時間でできそうな気がします。

完全復活したのですが、液晶が正規品ではないので元と比べるとコントラストが低くて黄色っぽい感じ(いわゆる尿液晶)に仕上がりました。

OnePlus One

何度か記事にしている中華スマホのOnePlus Oneはカスタマイズ性が高く、他の中華スマホとは一線を画す(一部で)人気の機種です。

防水ではないのですがある程度耐水性があるらしく、今回分解してみて必ずしも必要がないねじにゴムキャップが付いているのを見て、最近の中華フォンの進歩を感じました。(UMI Superは、そんなに良くなかったです)

Youtube動画

私が購入した液晶パーツは、中国北京市から直送で説明書の類は全く入っていませんでした。いずれにしても分解作業は紙を見てもわからないので分解動画を見たほうが良いです。

参考にしたのは、次の二つです。

一つ目の動画は解説がドイツ語ですが指差しながらわかりやすく説明しているので、ドイツ語が分からなくても大丈夫です。ただ、簡単に外れすぎているので、動画撮影用で実際に分解しているわけではないと思います。

二つ目の動画は実際分解しているのですが、正直見にくいです。一つ目の動画で説明していない分解ポイント(スイッチの分解)を説明していたり、分解手順が一通りではないというのがわかるのが良い点です。

次のために・・・

  • バッテリーの右側だけ両面テープでしっかり固定されていました。左側から外そうとして、バッテリーが曲がりました。中身どうなっているのでしょう?
  • デジタイザーのコネクター固定用のプラスチック部品を戻せませんでした。戻さなくてよいなら、メインボードを固定するネジを取ればメインボードを浮かせることができるのでスイッチ類を取り外す必要なく作業できました。
  • ネジ頭に埋まっているゴムキャップがなかなか外れません。押し込むようにしてぐりぐりしていたら浮いてきました。
  • (可能なら)良い液晶を買いましょう。ただし、高ければよいとも限らないので、もしあれば直近で良いレビューがあるものがベストです。中華モノは売れるとロットが変わる際に安物に変わってしまうことがあります。今回購入したものは、液晶+デジタイザー+工具+ガラス保護膜で送料込み2800円でしたが値段の割に満足です。
  • 付属工具以外に使用したのは、SIMスロットを取り出す工具と、粘着テープを切るためのはさみです。
  • 古かったせいか、液晶が壊れ始めていたせいか、温めなくても液晶が外れました。一番怖い作業ですが、自分を信じて(自己責任で)引っ張りましょう。
  • ネジが16個あったので時間がかかりましたが、何回か経験したら10分くらいでできそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする