ソースコード表示用のプラグイン 「Enlighter – Customizable Syntax Highlighter」

WordPress運営系のウェブサイトを見ていると、HTMLコードなどを綺麗にハイライトして表示させています。プラグインを使用することで簡単に実現できます。

お気に入りのプラグイン「Enlighter」を紹介していきます。

Sponsored link

Enlighter – Customizable Syntax Highlighter

もっとメジャーなプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」があるのですが、プラグインのライブラリ中で、今使っているWordpressバージョンとの互換性が分からない(Wordpressバージョン4.2.2)となっているので、別のものをチョイスしました。

Enlighter – Customizable Syntax Highlighter」というプラグインです。インストールすれば、エディターにコード挿入用のボタンが作られます。

code-enlighter

テスト

このように表示させた場合の編集画面上のソースコードは、

<pre class="EnlighterJSRAW" data-enlighter-language="null">テスト</pre>

になります。よく使われているプラグインである、「Crayon Syntax Highlighter」では「SyntaxHighlighter Evolved」からの移行を簡単にするような機能がついているようですが、「Enlighter – Customizable Syntax Highlighter」ではそういう機能が提供されていませんし「Enlighter – Customizable Syntax Highlighter」と他のプラグインを相互に移行するのは大変そうです。

見た目が気に入ったので、使い続けています。プラグインページでの評価はほとんどが5つ星で、低い評価をつけている人は今のところほとんどいません。

マイナーだけど、良いプラグインもあるよということで。

Enlighter - Customizable Syntax Highlighter

Enlighter - Customizable Syntax Highlighter
9.6333333333333

機能性

10/10

    設定のバリエーション

    10/10

      挙動

      9/10

        長所

        • 高機能で、コードの種類によって出し分けができる

        短所

        • 当然だけど、他の同様プラグインと互換性はない
        • ショートコード周りの挙動がよくわからない
        Sponsored link
        Spinsored link

        シェアする

        • このエントリーをはてなブックマークに追加

        フォローする