任天堂株を倍にしたポケモンGOがもうすぐ日本サービス開始

2016年7月初旬にアメリカなどでサービスを開始するや否や、任天堂の株を一気に倍にまで上げてしまったポケモンGOが、いよいよ日本でもサービスを開始します。

何だか話題なのでやってみたいと思うものの、よく考えるとポケモンを今までに全く遊んだことも、アニメを見たこともない・・・。そういう人って多いのではないかと思います。

2016年7月20日に日本でのサービス開始だったはずなのですが、トラブルで延期になってしまいました。ネット上の噂ではポケモンGOと提携するはずのマクドナルドで内部e-mail流出があったためだということですが、真偽のほどはわかりません。

Sponsored link

ポケモンGOバブル

ポケモンGOは2016年7月6日(日本時間では7月7日)にアメリカなどで先行公開されました。

Pokemon GO アメリカサイト

Pokemon GO

一部で人気があった、Ingressのように現実の地形にポケモンが配置されていて、現地に行くことでゲットできるというシステムのようです。

人気が爆発した、らしく日本でも期待が高まっていました。

ポケモンGOの人気

「海外で人気!」というとき、単に広告のために嘘っぽい「大人気」が乱発されることは良くあります。

ポケモンGOの人気は本物なのでしょうか?アメリカのケーブルテレビニュースCNNのサイトで検索してみたら、公開2週間で記事が200本以上出てきます。

「POKEMON GO」をCNN.comで検索

「POKEMON GO」をCNN.comで検索

そのまま、「Abe Shinzo」と「Fukushima」で検索してみたら420件余りだったので、ポケモンGOの勢いは本物のようです。

任天堂の株価

ポケモンといえば、ニンテンドーDSのソフトでおなじみです。ポケモンGOの北米公開後、任天堂の株が急騰しました。

7月20日に日本で公開される見込みだったので、7月20日に向けて連騰して倍の30000円になりました。7月20日にポケモンGOが公開されない見通しになったためか、7月20日には10%以上下げる4000円安になっています。

ポケモンGO高価で、任天堂株が乱高下しました。日本で公開されたら、任天堂株はまた上がるのでしょうが、株をやるといつも失敗するので・・・様子見です。

ポケモンGO

ポケモンGOが公開されたら、とりあえずみんなダウンロードするに違いありません。私もですが、日本人は流行りものが好きですね。

ゲームとしては、いろいろと危ういところがあるようで、

  • 危険な場所への立ち入り
  • 私有地や立ち入り禁止場所への立ち入り
  • わき見運転、わき見歩き

といった直接的な危険があるほか、プレイヤー同士の交流があることも懸念されています。ポケモンは大人よりは子供用ですからね。たぶん。

基本プレイ無料で、アイテム課金になっているようです。ソーシャルゲームのビジネスモデルですが、アイテムをせびられる親たちの姿が目に浮かびます。

ダウンロードサイト

とりあえず、GoogleとiOS用のサイトができているようです。

Sponsored link
Spinsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする