車のヤニ対策(5)消えないタバコ臭 ― ジアフリーで結構よい

その他

中古車のニオイ対策を始めて1年経ちました。当初のような、車内にいるだけで喉がイガイガする、辛い、というレベルのタバコ臭はなくなりましたが、かなりニオイが強いのは変わりません。

前回の記事に書いたようにいくつかの対策をしていましたが、効果が何となくはっきりしてきました。

車のヤニ対策(4)時々におうタバコ臭
中古車の消臭を頑張って行ってから半年余り経ちました。購入したのが夏真っ盛りのころなので、今は気温が低く湿度も低い時期だから、という条件もあるとは思いますが、最近はあまりタバコ臭を感じなくなりました。 しかし、1週間以上乗らず、ドアを開...

持続的次亜塩素酸発生器、ジアフリー

ジアフリーという製品を車内に2個置いています。

乾電池を電源として使用し、食塩水を電気分解して次亜塩素酸をゆっくり発生させる機械です。新型コロナの影響で次亜塩素酸水を噴霧するタイプの製品は大量に発売されましたが、「ウィルスを減少させるレベルの空間噴霧はいかなる場合も推奨されない」ので、基本的に避けるべきです。(一時的に噴霧して作用させ、その後換気するのは効果があると思います)

世界保健機関(WHO)は、新型コロナウイルスに対する消毒に関する見解の中で、「室内空間で日常的に物品等の表面に対する消毒剤の(空間)噴霧や燻蒸をすることは推奨されない」としており、また、「路上や市場と言った屋外においてもCOVID19やその他の病原体を殺菌するために空間噴霧や燻蒸することは推奨せず」「屋外であっても、人の健康に有害となり得る」としています。また、「消毒剤を(トンネル内、小部屋、個室などで)人体に対して空間噴霧することはいかなる状況であっても推奨されない」としています。(5月15日発表)

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)
新型コロナウイルスの消毒・除菌方法についてを掲載しています。

電池が切れるまでの間、明らかにニオイが減っているのがわかります。電池が切れると強烈なニオイがまた出てきますので、他の対策よりはずっと効果が高いです。永続的にニオイが消えるわけではないのが残念ではありますが、できる限り徹底的に清掃した上でこれ以上はあきらめたので仕方ありません。(次に何かするとしたら、座席の全交換です)

少なくとも私には、次亜塩素酸臭はわかりません。(ジアフリーに顔を近づけるとわかります)

乾電池と食塩水を2か月ごとに交換する必要があるのが大変ですが、あまり乗らない時期には使用しない、乗るときに気づいたら交換、という感じでしばらく運用しようと思います。

2台あるうちの一台は、LEDランプが弱くて見えにくいのが若干残念です。

オゾン発生器はジアフリーの代替になりそうか?

かなり気に入っているジアフリーですが、かなり高く25000円します。壊れやすそうな製品ではないですが、壊れた時リピート買いするには高いです。

似たそうな製品で、オゾン発生器タイプの消臭マシンもかなり売られています。私も何個も使ったことがありますが、現状売られている製品は、

  • 強モードと弱モードがある
  • 一定時間動作して一定時間停止するサイクルを繰り返す
  • 持続的に弱いモードはない

です。人がいる空間に作用させるタイプのものも売ってはいますが、同じです。広い空間に、かつ弱く持続的に消臭効果発揮できそうな製品は今のところ見つけられていません。

よって、2022年9月現在、ジアフリーの代替品は見つけられていません。

消臭剤

アロマストーンはほぼまったく役に立っていないと思います。吊るすタイプのアロマディフューザーはかなりニオイが強いので好きなニオイなら良いでしょう。

結論:少しでもタバコ臭がする中古車は避ける

以前と同じ結論ですが、タバコの気配がする車を買ってはいけません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました