新しくインストールしたWordPressにサイトヘルスステータス

WordPressは自動更新にしていて、基本的にバージョンアップはあまり気にしていませんでした。多くの人は似たようなものではないかと思います。

最近新しくインストールしたWordpressサイトでサイトヘルスステータスという項目がダッシュボードに出ていたのに気づきました。

よく見たら当サイトのダッシュボードにもあったのですが、ごちゃごちゃしていると気づきませんよね。ダッシュボードではなくても、「ツール」内に「サイトヘルス」がWordpress5.2から追加されているそうです。現バージョンは5.5.3なのでだいぶ前(一年半前・・・)ですね。

サイトヘルスステータスで指摘された問題

私の新サイトでは、imagickがインストールされていないという点とPHPのバージョンが古い点が指摘されています。

見やすくてわかりやすい指摘なので、改善するのもそれほど大変ではなさそうです。

アクティブなPHPセッションを検出

別サイトで見てみると「アクティブなPHPセッションを検出」という項目が致命的なパフォーマンスの問題点として指摘されてしまっています。

もう一項目、「サイトでループバックリクエストが完了できませんでした」も指摘されています。

session_start() 関数の呼び出しによって PHP セッションが作成されました。これは REST API およびループバックリクエストを妨害します。HTTP リクエストを行う前に、session_write_close() を使ってセッションを閉じる必要があります。

だそうです。プラグインのどれかが引っかかっていると思いますが、特定できそうにないのでとりあえず諦めます。長く使っているとゴミも増えていくので、リフレッシュスタートしたいですね。

サイトでループバックリクエストが完了できませんでした

ループバックリクエストは予約イベントの実行に使用されます。またテーマやプラグインの組み込みエディターでは、コードの安定性の確認に使用されます。
サイトへのループバックリクエストは失敗しました。現在、依存する機能は想定どおりに動作していません。
エラー: cURL error 28: Operation timed out after 10001 milliseconds with 0 bytes received (http_request_failed)

こちらも、何かのプラグインが干渉しているはずですが、特定は結構難しそうです。

PHPのバージョン、モジュールはサーバー側の設定

利用しているサーバー側でPHPバージョンの選択ができるところが多いと思います。imagickモジュール等も同じく利用ができる、はず。

サーバーの設定プログラムで出来ない場合は、ひょっとしたら「.htaccess」ファイルで設定できる可能性も、若干残っていると思います。

https://stackoverflow.com/questions/12561203/how-to-change-php-version-in-htaccess-in-server

PHP7.4を利用したい場合は、

AddHandler application/x-httpd-php74 .php .php5

です。

レンタルサーバーで出来ない場合は、サーバー運営会社に問い合わせをしてみて、あまり対応する気がなさそうならサーバーを変えたほうが良いかもしれません。

WordPressの推奨設定が利用できないレンタルサーバーではあまり意味がありませんから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする